中小企業のための IT 活用経営改善ブログ

アーティサン株式会社 沖縄支店から中小企業の皆さまへ、ITを活用し経営改善のヒントとなる情報を配信しています。

新しいプロジェクト管理のスタイル~Microsoft Plannerのご紹介~

time 2016/08/25

こんにちは!!

突然ですがうまく社内でタスク管理ややるべき作業の共有などできておりますでしょうか?

最近はオシャレなオフィスに壁全体をホワイトボード化し、直接壁にタスクを書いて共有したり、付箋を用いてタスクを共有したりされている企業も増えてきているのではないでしょうか?

ホワイトボード
壁を効果的に活用しタスクの見える化もかなりいいですね!!
こんなオシャレなところで働いてみたい!(笑)
なんて思ったりもしますが。。。。

ただ、企業によっては上記の画像のように壁を利用できないところもあるかと思います。

でも心配はご無用です!(笑)

マイクロソフトのPlannerというサービスを利用することでタスクの見える化ができますし、しかも少しオシャレです。

マイクロソフトのPlannerでは以下のようなことができます!

タスクの管理(タスクをカンバン方式で管理できます)

タスクに期限を設定

タスクに紐づけたコミュニケーション

タスクに紐づけたファイル管理

タスクの見える化(遅延タスク、タスクの負荷状況)

では実際にPlannerの画面を用いて説明をおこなっていきます。

Office365メニューから「Planner」を選択します。

Planner

今回は「製造販売」というプランを利用して簡単な商品の受注後~出荷までをPlannerで管理した例を紹介いたします。
※Plannerでは1つの区切り(プロジェクト、仕事の単位)のことをプランと呼びます。
以下の例だと
【設計→製造→品質チェック→梱包→積荷→出荷】という一連の流れの業務となります。

Plannerメイン

実際に新しくタスクを追加する際には各バケット(設計、製造などの区切り)上部に表示されている「+」を押下します。
タスク名や期限、割り当てる人を選択しタスクの追加を押すことでタスクが登録されます。

タスクの追加

あとは登録したタスクを各工程が完了したらドラッグ&ドロップで次の工程へ進めることでタスクを前へ進めていきます。
次の工程で別の人が担当する場合は、割り当て者を担当の方へ変更するだけです。

次工程

また、タスクの詳細画面ではコミュニケーションを行ったり、ファイルを添付することができます。

タスク詳細

また、Plannerでは登録したタスクを可視化することができます。
可視化することで以下のようなことができます。

・タスクの遅延を防ぐ(結果プロジェクトの遅延を防ぐ)

・負荷分散を行う

タスク見えるか
チームを組んで動いている組織などでは有効活用できそうではないでしょうか??
Tシャツを製造販売されている企業や複雑な製造工程ではない企業などで有効活用してみてはいかがでしょうか?

お問い合わせに関しては以下までご連絡ください。

okinawa@artisan.jp.net

down

コメントする