知識創造研究室 by CRM(xRM)

CRMリーディングカンパニーである アーティサン株式会社 CRM事業部 の最先端 CRM ブログです。

皆さん、こんにちは!

私は今週の始めから仕事で沖縄に行っていたのですが、戻って来て数日経っても関東の寒さに耐えれずにいます(笑)早く暖かくなって欲しいです。。。

ちなみに、この投稿が当ブログの記念すべき100回目の投稿になります!!
まさかここまで続くとは・・・ Dynamics 365 Operations(ERP)の取り扱いも始め、今後さらに役立つ情報をお届け出来るようにまだまだ頑張りたいと思います(*^▽^*)

さて、本日は日本でも最大と言われているアーティサンのDynamicsパートナーネットワークの中でも製品ベンダー同士の新しい提携をご紹介したいと思います。

1つはまだ日本でもあまり馴染みが薄いですが、少しずつ引き合いが増えて来ているオーストリアとアメリカで事業展開するConnecting-Software社になります。

Connecting-Software:https://www.connecting-software.com/

こちらは「Connect Bridge」というデータ連携に関する製品群を展開しており、その中でも「CB Permission Replicator」というDynamics CRMとSharePointの権限を同期するツールや「CB Exchange Server Sync」というツールが世界的に延びている会社で、上記の通り、日本でも引き合いが増えているので日本で展開してくれるベンダーを探していたところ、似たような製品を扱っていて日本でも有数のブランドを持つアーティサンに白羽の矢が立ち、アーティサンが日本およびアジア地域の総代理店となりました。
代わりに、弊社製品を海外で取り扱ってくれる代理店の1つにもなってくれます。

もう1つは、日本でもSharePointのワークフロー製品としてすでに有名なAgilePoint社です。

AgilePoint:http://www.agilepoint.co.jp/

弊社は以前からSharePoint製品を取り扱っていますので導入することもあったのですが、新バージョン製品からSharePointが必須というわけではなくなり、Dynamics CRM連携も強化されておりますので、正式に代理店として再販および導入支援を行っていくこととなりました。

CRMという「顧客の見える化」を行う経営戦略を実現するに当たり、市場チャネルや顧客ニーズに合わせてシステムが変化することが当然となり、Dynamics 365そのものもそれに合わせて短いスパンでアップデートが行われるわけですが、CRMには必ず必要なデータ連携についても変化に合わせることが必須要件となります。
しかしながら、このデータ連携をスクラッチのように密結合で構築してしまうと変化に耐えられなくなり、「CRM」として機能しなくなることが自明なので、CRMではデータ連携においてスクラッチという選択肢はまずありません

そのために、弊社では日本No.1 EAI/ESB製品のASTERIA WARPを活用することを推奨し、専用のアダプタ(Dynamics CRMアダプタ for ASTERIA WARP)を開発・販売を行っているわけですが、業務遂行に当たってワークフローによるトランザクション連携が発生するケースもないわけではありません。 せっかくASTERIAによってデータ連携が疎結合に保たれているのに、トランザクションにおいて密結合してしまっては意味がなくなってしまいますので、こちらの対応のために機能的に色々精査した結果AgilePointを活用するという結論に至りました。

上記を踏まえて、クラウド利活用を見越した業務システムにおけるベストプラクティス・アーキテクチャーを下記に示します。
CRMはオムニチャネルやパーソナライゼーションといった戦略も必要不可欠ですが、特にこれらを行う場合には下記のアーキテクチャーであることが重要となります。

アーティサンでは、今後も正しいCRMの活用と、それに伴うお客様の成長を支援するために必要な製品の提供を続けていきたいと思っております。
今回ご紹介したパートナー企業の製品含めて、今後ともアーティサンをどうぞよろしくお願い致します m(_ _)m

# アーティサン取り扱い製品に関するお問い合わせは下記フォームよりお願い致します。

CRM 製品に関するお問い合わせ

The following two tabs change content below.

松原 晋啓

取締役副社長 & CRM事業部長(CRMエバンジェリスト)アーティサン株式会社
アクセンチュア等でのSE、アーキテクト、コンサルタント、インフラジスティックスでのエバンジェリスト(Microsoft MVP for Dynamics CRM(現 Microsoft MVP for Business Solutions))、マイクロソフトでのソリューションスペシャリスト(Dynamics CRM製品担当)を経て、現在はDynamics CRMを専門に扱うサービスチームを率いて大小様々の企業の事業立上げを支援、その傍らでCRMエバンジェリストとしてイベントや記事寄稿を通じてマイクロソフトのテクノロジーや製品の普及に努めている。

また、プラットフォーム型CRM(xRM)の第一人者やCRMの専門家としてインタビューも受けている。
最先端のCRM情報~日本人初のMicrosoft Dynamics CRMのMVPで「プラットフォーム型CRM(xRM)」の第一人者が語る~
縦割りCRMから脱却して真のCRMへ、日本の強みを最大限に発揮できる企業が生き残る

取材や講演等の依頼は下記問合せよりご連絡ください。

<アーティサン株式会社 CRM事業部>

CRM事業部へのお問い合わせ TEL 042-444-4815

メールでお問い合わせはこちら

down

コメントする




関連記事