知識創造研究室 by CRM(xRM)

CRMリーディングカンパニーである アーティサン株式会社 CRM事業部 の最先端 CRM ブログです。

Dynamics🄬 365 for Operationsパートナー試用版を利用する

time 2017/05/07

みなさん、こんにちは。

今回は、Dynamics🄬 365 for Operationsパートナー試用版の利用までの手順について備忘を兼ねて紹介したいと思います。
なお、文中意見に渡る部分については、本稿執筆者の私見を含むことをお断りします。

手順

概要は、Lifecycle Services(以下LCS)のDynamics 365 for OperationsとAzureをDynamics 365 for Operationsの管理証明書、AzureのサブスクリプションIDを用いて相互に紐付ける、というものとなります。

LCSにサインインし、左上の+よりプロジェクトを追加します。

プロジェクトの目的を選択します。

製品名に、Microsoft Dynamics 365 for Operations、方法にLearn Development in Dynamics 365 for Operationsを選択し作成を実行します。(名前等は任意)

プロジェクト作成後、環境セクションの+を押下します。

環境の起動先を選択します。

ここでは、はいを押下します。

Microsoft Azureポータルを押下します。

Microsoft Azureが起動されますので、サブスクリプションを開きます。
More services > サブスクリプション

後続手順で必要となる、サブスクリプションIDを確認します。

LCSに戻り、AZUREコネクタセクションの追加を押下します。

AzureサブスクリプションIDにサブスクリプションIDを入力、Azureリソースマネージャー(ARM)を使用するようコンフィギュレーションするにはいを選択し作成を実行します。(名前は任意)

管理証明書をローカルにダウンロードします。

Microsoft Azureに再度戻り、Azure Active Directoryを開きます。

クラシックポータルを起動します。

設定を開きます。

管理証明書からアップロードを実行します。

先ほどローカルにダウンロードした管理証明書を選択します。(✔押下により実行)

管理証明書にレコードが追加されたことを確認します。

再びLCSに戻り、管理証明書のダウンロードの後続手順を実行します。
次へを押下します。

Azureリージョンを選択し、接続を実行します。

AZUREコネクタに新規レコードが追加されたことを確認します。

LCSのトップ画面からプロジェクトにアクセスします。

環境セクションの+にて、環境の追加を実行します。

環境の起動先を選択します。

環境のトポロジを選択します。

バージョンを選択します。

以降、環境のサイズを指定し、配置を実行します。
配置された環境を選択し、ステータスがDeployedになればDynamics365 for Operationsの試用が可能となります。

The following two tabs change content below.

Yasuhiko Sugihara

CRM事業部 ITコンサルティング部 マネージャーアーティサン株式会社
SIer、パッケージベンダー、システム開発会社を渡り歩き、あらゆる角度からERPビジネスに携わる。 グローバルでのビジネスキャリアが長く、アジア圏、特に東南アジアに精通しておりローカライゼーションを得意としている。

down

コメントする