知識創造研究室 by CRM(xRM)

CRMリーディングカンパニーである アーティサン株式会社 CRM事業部 の最先端 CRM ブログです。

「新しいウィンドウで開く」機能の活用 – Dynamics🄬 365 for Operations

time 2017/06/21

みなさん、こんにちは。

今回も、Dynamics🄬 365 for Operationsで強化された補助機能について見ていきたいと思います。
なお、文中意見に渡る部分については、本稿執筆者の私見を含むことをお断りします。

かなり使える「新しいウィンドウで開く」

Dynamics 365 for Operationsの「新しいウィンドウで開く」機能ですが、結構利用価値が高いことがわかりました。

< 画面右上が「新しいウィンドウで開く」 >

ブラウザの一般的な操作の「新しいウィンドウで開く」につきましては、皆さんがインターネットを閲覧する際によく行われる操作かと思います。
Dynamics 365 for Operationsの「新しいウィンドウで開く」機能を利用した場合、普段使いのブラウザ動作+新しいウィンドウを開くを実行した元ウィンドウと新しく開かれたウィンドウでデータがリンクされます。

データがリンクされるとは

顧客一覧と請求・支払のトランザクションを例に見ていきます。

以下は顧客一覧です。
顧客に関する請求・支払のトランザクション(顧客一覧上で選択されている顧客のトランザクション)は、リボンのトランザクションから参照します。

以下がトランザクション一覧画面です。
このトランザクション一覧で「新しいウィンドウで開く」を実行します。

そうすると、「新しいウィンドウで開く」を実行した画面は、顧客一覧に遷移し、トランザクション一覧が新しいウィンドウで開かれます。

顧客一覧で違う顧客を選択すると、トランザクション一覧上も選択された顧客のトランザクション一覧に自動で表示が変更されます。

Dynamics AXについても、複数画面を立ち上げての利用が一般的だったかと思いますが、このように動的に表示データが変更されなかったのではと記憶しております。

Dynamics 365 for Operationsの「新しいウィンドウで開く」はかなり使い勝手が良いと思いましたので、是非試してみてください。

 

The following two tabs change content below.

Yasuhiko Sugihara

CRM事業部 ITコンサルティング部 マネージャーアーティサン株式会社
SIer、パッケージベンダー、システム開発会社を渡り歩き、あらゆる角度からERPビジネスに携わる。 グローバルでのビジネスキャリアが長く、アジア圏、特に東南アジアに精通しておりローカライゼーションを得意としている。

down

コメントする