知識創造研究室 by CRM(xRM)

CRMリーディングカンパニーである アーティサン株式会社 CRM事業部 の最先端 CRM ブログです。

CRM活用のモデルケースを解説。人工知能×顧客情報で企業の全体最適化を行う、真のCRMとは。 – CRM3.0時代の顧客戦略 –

time 2018/04/24

こんにちは、松原です。

バタバタしてる内に気付いたら冬も過ぎて暖かくなってきましたね。
長らくブログを更新してませんでしたが、その間にECのミカタというサイト内でコラムを書いてました。

【徹底解説】誤解しがちな「CRM」の定義。CRMは本当に必要?
https://ecnomikata.com/column/17506/

「デジタル」時代のパーソナライゼーション戦略 ~ パーソナライズドサービスの実現 ~
https://ecnomikata.com/column/17621/

CRM の誕生と発展の歴史 ~ CRM 3.0 で実現する主客一体のおもてなし ~
https://ecnomikata.com/column/17789/

 

こちらのサイトでは以前にも弊社のCRMの取り組みについてインタビューをしていただいていたのですが、今回はEMOROCOに関するインタビュー記事を公開していただきました。
タイトルはブログタイトルにもしてます。

CRM活用のモデルケースを解説。人工知能×顧客情報で企業の全体最適化を行う、真のCRMとは。
https://ecnomikata.com/original_news/18514/

これまで講演時には説明したことがありましたが、文章上ではあまり書いたことがなかったような内容も書いていただいてますので一見の価値はあると思います!
よろしければ、ぜひご笑読いただければと思います。

なお、以前のインタビュー記事は下記です。

「一日の遅れは、一生の遅れ」スピード命のCRM最前線〜人工知能時代のIT世界を勝ち残るため〜
https://ecnomikata.com/original_news/16709/

今後もアーティサンでは最先端のCRMに取り組み続けますので、今後とも引き続きよろしくお願い致します。

The following two tabs change content below.

松原 晋啓

取締役副社長 & CRM事業部長(CRMエバンジェリスト)アーティサン株式会社
アクセンチュア等でのSE、アーキテクト、コンサルタント、インフラジスティックスでのエバンジェリスト(Microsoft MVP for Dynamics CRM(現 Microsoft MVP for Business Solutions))、マイクロソフトでのソリューションスペシャリスト(Dynamics CRM製品担当)を経て、現在はDynamics CRMを専門に扱うサービスチームを率いて大小様々の企業の事業立上げを支援、その傍らでCRMエバンジェリストとしてイベントや記事寄稿を通じてマイクロソフトのテクノロジーや製品の普及に努めている。

また、プラットフォーム型CRM(xRM)の第一人者やCRMの専門家としてインタビューも受けている。
最先端のCRM情報~日本人初のMicrosoft Dynamics CRMのMVPで「プラットフォーム型CRM(xRM)」の第一人者が語る~
縦割りCRMから脱却して真のCRMへ、日本の強みを最大限に発揮できる企業が生き残る
CRM活用のモデルケースを解説。人工知能×顧客情報で企業の全体最適化を行う、真のCRMとは。
「一日の遅れは、一生の遅れ」スピード命のCRM最前線〜人工知能時代のIT世界を勝ち残るため〜
取材や講演等の依頼は下記問合せよりご連絡ください。
<アーティサン株式会社 CRM事業部>

CRM事業部へのお問い合わせ TEL 042-444-4815

メールでお問い合わせはこちら

down

コメントする