知識創造研究室 by CRM(xRM)

CRMリーディングカンパニーである アーティサン株式会社 CRM事業部 の最先端 CRM ブログです。

Dynamics 365(Dynamics CRM) Power BIでユーザーアクセス情報の出力

time 2018/05/02

みなさん、こんにちは。
Dynamics 365を導入したもののユーザーのアクセス状況を見たいという要望はありませんか?
監査の設定を有効にしていれば、Dynamics 365の監査概要ビューの使用やレポートを作成しておくことでユーザーのアクセス状況の確認が可能であることをご存知の方も多いかと思います。
今回は、Power BIでのユーザーアクセス状況の出力をご紹介したいと思います。

Power BIでユーザーアクセス情報の出力

Power BIをDynamics 365に接続し、次のテーブル情報を取得します。

  • audits
    監査情報が格納されているテーブルです。
    ※Dynamics 365 バージョン9.0より、Power BIで選択可能となりました。
    以前のバージョンでは実施できません。
  • systemusers
    おなじみのユーザー情報が格納されているテーブルです。
    どのユーザーがアクセスしたかを確認するために使用します。

auditsとsystemusersを次のように関連付けます。

紐づけのキーは、次の通りです。

  • auditsの_objectid_valueとsystemusersのsystemuserid

なお、同一ユーザーに対して複数の監査レコードが存在するため、auditsとsystemusersの関連はN:1を設定します。

最後にユーザーID(domainname)、氏名(fullname)、イベント(action)、操作(operation)、作成日(createdon)などの項目を配置したテーブルを定義します。
次のようにユーザーのアクセス情報をPower BIで出力することができます。

なお、ユーザーのアクセスに関するactionには、64と65があり、次のように使い分けがされています。

  • 64
    Web経由のユーザーアクセス
  • 65
    Webサービス経由のユーザーアクセス

また、operationの4は、「アクセス」を意味しています。
(actionやoperationは他にもありますので、また別の機会にでもご紹介します。)

このようにユーザーアクセス情報などの監査の情報もPower BIで出力できるようになりました。
ぜひ、活用いただければと思います。

The following two tabs change content below.

Yuki Kawachi

CRM事業部 ITコンサルティング部 マネージャーアーティサン株式会社
社会人1年目でDynamics CRM 4.0と出会い、各種Dynamics CRM の導入や立ち上げに携わる。
CRM導入の楽しさに魅了され、紆余曲折ありながらもDynamics CRM を専門に日々奮闘中。
営業部門向けやサポート部門向けの導入経験が多く、SFAやコールセンター向けの導入を得意としている。

down

コメントする