技術情報ブログ
バス予報
2022.03.25

蓄積した運行実績データを利活用!「バス予報®」新機能紹介:分析機能

こんにちは、アーティサン株式会社 MaaS事業部の大久保です。

当社のバスロケーションシステム「バス予報®」(以下 バス予報)は、シンプルな操作性を高く評価いただいており、2022年3月現在、12の自治体様が導入・運用してくださっています。

実は3/24に、バス予報の新しい機能として分析機能がリリースされました!
プレスリリースやHPでの発表に合わせて、この記事で分析機能の概要と使い方をご紹介していきます。

機能概要

バス予報の管理画面から使うことができ、以下のような特長があります。

  • Excelのピボットテーブルのような操作感で、蓄積されたデータを簡単に集計できる
  • ボタン1つで、CSV形式でのデータ出力が可能

分析機能の使い方

では実際に、分析機能の使い方を見て行きましょう。
1.バス予報の管理画面トップから、[分析]をクリックする

2.分析画面のデータタブで、レポート種別を選択する
※混雑実績データは、乗降客カウンターをご導入の場合のみ
3.集計したい期間/集計したい路線・バス を選択する
4.[検索]をクリックする
5.結果を確認する
画面右側に、設定した条件に基づいた検索結果が表で表示されます。
検索結果
ピボットタブ

チャートタブ


データタブにある[CSV出力]をクリックすると、今画面に表示されているデータをCSV形式でダウンロードすることが出来ます。

最後に

今回ご紹介した分析機能で抽出したデータは、ダイヤ改正やルート再編の判断材料として活用いただけます。また、出力したデータをお客様ご自身で利活用いただくことで、更に活用の幅は広がります。
私たちはバス予報を単なるデジタル化ではなく、地域公共交通の活性化・再生に繋がるシステムであると考えており、常にお客様のご意見を大切にして、より良いシステムをご提供できるよう取り組んでいます。分析機能も、現在いただいているご要望を踏まえて更に改良を重ねて参ります。

バス予報についてのご相談は、以下のボタンからお問合せください。

シェアする
記事カテゴリ
最新記事
 
2022.05.18

Power Automateのベストプラクティス・アンチパターン(4)【アクションの入れ子を回避】

 
2022.05.11

Power Automate:メール送信時にメッセージIDを取得する方法

 
2022.04.27

Power Apps の実践的なノウハウ まとめ

人気記事ランキング
1
2020.10.02

世界に広がる Power Apps「モデル駆動型アプリ」のココがスゴイ!【第1回】

2
2021.07.14

【Power AutomateでExcelデータをSharePointにインポートするために考えること 第2回】フロー作成でエラー発生!

3
2021.06.23

【Power AutomateでExcelデータをSharePointにインポートするために考えること 第1回】4つのシーンごとに手法を比較、その最適解とは?

4
2021.09.03

【Power AutomateでExcelデータをSharePointにインポートするために考えること 第8回】トリガーの条件の指定方法

5
2021.08.11

【Power AutomateでExcelデータをSharePointにインポートするために考えること 第5回】ExcelファイルIDを動的取得

   
PageTop
ページトップに戻る