バスロケ(バスロケーションシステム) 「バス予報®」

官公庁|館林市役所様 館林市外四町広域公共路線バス

バスのリアルタイムな情報を配信して利便性を向上するとともに、クレーム削減により、業務負担を大幅軽減

  • 利用者向けアプリがシンプルなので、年齢を問わず普及
  • 管理画面からでもバスの位置がすぐわかるので、クレームへの対応力向上
  • 業界最安値基準で導入できた上、クレーム削減により業務負担が軽減されたため、導入効果を最大化

導入前の課題

群馬県館林市では1市4町で共同実施し、広域な館林都市圏を8路線で走行する「館林市外四町広域公共路線バス」を運営しています。同市では一般の路線バスがなく、同コミュニティバスが実質的に住民の足として活用されており、利用者の負担を軽減する施策を実施しています。 しかしながら、「バスが予定より遅れているためどこを走っているのか知りたい」や「あとどれくらいでバスが到着するのか」などの利用者から問い合わせを事務所で受けることがあり、その都度運転手に確認しなければわかりませんでした。運転手は走行中のためすぐに対応することができず、そのため事務所から利用者にすぐ回答できないことで、バスを待つ乗客からのクレームが増加していました。また、この対応の都度、運転手や事務所は他の作業を中断して優先的に対応する必要があったため、業務をひっ迫させる要因となっていました。

サービス内容

「バス予報」は、どの年齢層でも使いこなせるようにシンプルなインターフェイスを採用していますので、利用者は使い慣れた自分のスマホからカンタンに位置情報を確認できますまた、事務局のPCから管理用画面から全路線の各バス情報を一目で確認できるので、クレームが発生した場合でも、遅延が発生しているバスを特定し、到着見込み時刻を案内することで業務負担を軽減できます。 「バス予報」は最大手比較で75%安価なため、高額なシステム費用が発生しません。業務改善効果に対する投資費用を抑えることができるので、ROIが向上します。

導入効果

「バス予報」を導入したことで、大きな効果を上げたのは「利用者からの問い合わせの削減」でした。問い合わせ数そのものが減ったため、突発的な業務が少なくなることで通常業務に集中しやすくなったため、サービス品質の向上につながりました。また、問い合わせが発生した場合でも、管理画面からバスのリアルタイムな現在位置情報や停留所通過時間を一目で確認できるため、すぐに回答できるようになりました。バス予報の導入費用は業界最安値帯のです。バスロケ導入で削減できる業務コストに対する投資効果、目覚ましいものとなりました。

関連する事例

コンサルティング

コンサルティング

コンサルティングの事例集です。様々なお悩み・課題を抱える各業種の大手企業様へ最適なサービスを提供します。

各業種|大手グローバル企業

バスロケ(バスロケーションシステム) 「バス予報®」

バスロケ(バスロケーションシステム) 「バス予報®」

Google Map連携でインバウンドを含めたバス利用者の利便性を向上。バス情報と地域を連携し活性化を目指す

官公庁|北谷町役場様コミュニティバス(C-BUS)

導入事例一覧に戻る
PageTop
ページトップに戻る