はやと循環ワゴン:バスロケ「バス予報®」・乗降客カウンター

官公庁|鹿児島県霧島市様

リアルタイムの乗降情報をシステムとGoogle上で提供!地域住民の方々に安心してご利用いただける交通手段に。

  • はやと循環ワゴン
  • 路線数:2
  • 車両台数:2

当時の課題

当市の隼人地区の一部において運行されていた路線バスが、昨年(2021年)10月に廃止されることとなりました。この時の調査で地域住民への負の影響が大きいと判明したため、市として代替手段を講じ、タクシー会社に運行を委託した循環バスを運行することにしました。

バスと言っても10人乗りの車両ですので、コロナウイルスの影響を配慮し、「今何人がバスに乗っているのか」という情報を提供し安心してご利用いただけるようにしたいと考えていました。

導入の決め手

当時提案された大手ベンダーのバスロケーションシステムと比較し、費用が非常に安かったですし、システムの使い勝手も良いと感じました。近県の自治体での導入実績があったということも安心材料の一つでしたね。

導入後の効果

ドライバーさんへの端末操作のレクチャーなど、導入当初は、幾分苦労しましたが、バス予報と乗降客カウンターから取得出来る情報は、今後の検討に大いに役立っています。
特にリアルタイムで乗降情報が分かるのは大きいですね。

現在の実証運行から本格運行に向けての検討においても、数字がはっきりと出てくるので、ルート・時間などのより実状に即した見直しに活用出来ています。

事業部からのコメント

当社がお声掛けしたのは、ちょうど霧島市様が実証運行開始に向けて、利用者の人数を安価かつ正確に調査出来る手段を検討されていたタイミングでした。
はやと循環ワゴンはハイエースでの運行のため、従来のバス用カメラ型乗降客カウントシステムでは高い精度が期待出来ませんでした。
しかし当社のタブレット式のシステムはハイエースに対応可能かつ価格面も安価でしたので、そこを評価いただきました。
6月に予定される本格運行開始に貢献できるよう努めていきたいと考えています。

関連する事例

バスロケ(バスロケーションシステム) 「バス予報®」北谷町役場様コミュニティバス(C-BUS)

バスロケ(バスロケーションシステム) 「バス予報®」北谷町役場様コミュニティバス(C-BUS)

Google Map連携でインバウンドを含めたバス利用者の利便性を向上。
バス情報と地域を連携し活性化を目指す

官公庁|北谷町役場様コミュニティバス(C-BUS)

コンサルティング

コンサルティング

コンサルティングの事例集です。様々なお悩み・課題を抱える各業種の大手企業様へ最適なサービスを提供します。

各業種|大手グローバル企業

導入事例一覧に戻る
PageTop
ページトップに戻る