中小企業のための IT 活用経営改善ブログ

アーティサン株式会社 沖縄支店から中小企業の皆さまへ、ITを活用し経営改善のヒントとなる情報を配信しています。

Office 365って、タブレットやスマートフォンでも使えるの?

time 2016/07/17

さて、今回は、Office 365のiOSやAndroid向けのアプリケーションについて。

Office 365の勉強会で必ず質問されることがあります。

それは、「タブレットやスマートフォンでもOffice 365って使えるんですか?」という質問です。

そのような質問に対して、ひと昔前ですと、

「はい、大丈夫ですよ。タブレットやスマートフォンのブラウザーを利用して、情報にアクセスできます。」と、お伝えしつつ、「でも、モバイル専用の画面は、とても実用レベルとは言えないし・・・、かと言って、PC向けのブラウザーの画面を小さなスマートフォンの画面で見るには、情報の閲覧性も操作性も劣るし・・・。」と、なんとなく自身を持ってお勧めすることが出来ずにいました。

 

が、さてさて、今、タブレットやスマートフォンへの対応がどうなっているかというと・・・、

冒頭の質問を受けたとき、

「もちろん!タブレットやスマートフォン向けの専用アプリケーションが提供されています!」と、

自身を持ってお勧めしています。

 

下の画面ショットがその証拠。

図1は、PCのブラウザー上に表示されるOffice 365のアプリケーション群で、図2~図4は、iOS向けに提供されているアプリケーション群(一部Office 365以外のアプリケーションを含む)です。

図1のアイコンと図2~図4のアイコンを比べてみるとわかる通り、PC向けに提供されているほぼすべてのアプリケーションに対応するアプリケーションが、iOS向けにも提供されています(もちろん、Android向けも同様です。)

 

ExcelやWord、PowerPointなどが、タブレットやスマートフォンで閲覧、編集できることは、もはや当たり前。

前々回の投稿でご紹介したDelveや、社内SNSのYammer、組織内で専用のYoutubeのようなビデオ配信サービスとして利用できるVideo、グループウェアや業務アプリケーションとして活用できるSharePoint、BigDataの分析・レポートツールであるPower BIなどなど、ほぼすべてのOffice 365のアプリケーションが、タブレットやスマートフォンから、実用十分なレベルで利用できるようになっています。

 

社外で使えるノートパソコンを持っていなくても、クラウドサービスのOffice 365+タブレットやスマートフォンがあれば、社外でも十分業務を行えます。

外回りの多い営業担当者など、デスクワークのために、わざわざ事務所に戻らなくても、外出先でタブレットでOffice 365に接続し、社外からデスクワークを済ませ、お客様訪問を1件でも2件でも多くこなし、受注獲得のために限られた時間を有効活用する。

そんな働き方をしっかりと支援してくれるのが、Office 365です。

 

IT活用経営改善勉強会では、それぞれのアプリケーションの詳細について、具体的な使い方をご紹介しています。

次回は、8月3日(水)18:00~、ExcelやPower BIを活用した様々なデータ分析についてのお話です。

よろしければ、ぜひご参加ください。

 

・IT活用経営改善勉強会: https://it-keiei.doorkeeper.jp/events/49388

 

Office 365アプリケーション

図1.Office 365で提供されるアプリケーション

 

iOSApps1

図2.iOS向けに提供されているMicrosoft社のアプリ1

 

iOSApps2

図3.iOS向けに提供されているMicrosoft社のアプリ2

 

iOSApps3

図4.iOS向けに提供されているMicrosoft社のアプリ3

down

コメントする




アーティサン 沖縄支店

アーティサン株式会社 沖縄支店が運営しているブログです。 [詳細]

お問い合わせ先

okinawa@artisan.jp.net