知識創造研究室 by CRM(xRM)

CRMリーディングカンパニーである アーティサン株式会社 CRM事業部 の最先端 CRM ブログです。

Microsoft Flowを使ってDynamics CRMとつないでみよう 入門編

time 2016/12/20

今回から数回に分けてMicrosoft Flow(以下Flow)を使って様々なシステム(アプリ)等々とDynamics CRM(以下CRM)を接続してデータのやり取りをやってみたいと思います。
※正式にはDynamics CRMではなくDynamics 365なのですが、Office365と紛らわしいのでここではDynamics CRMの名称をそのまま使います。

Flowとは様々なサービスやアプリをつないで自動的にデータを送受信するワークフローのようなものを作成することができるサービスです。

今回は入門編という事で極々簡単なフローを作成してみたいと思います。内容としてはCRMの取引先担当者にレコードが作成されたらメールで通知するというものです。

まずは前提条件から

・Office365がすでに契約済み(試用版でも可)
・Dynamics 365がすでに契約済み(試用版でも可)
・上記2つを使用できる権限を持ったユーザーである。

やりたいこと

・Dynamics CRMの取引先担当者にレコードを作成する
・メールで通知を送信する

作り方

Office365へサインイン


Office365を使っている方なら見慣れたこの画面。ユーザーIDとパスワードを入力してサインインします。

Office365に管理画面


サインインが完了するとこのような画面が表示されます。なんかBLOGを書いていて久しぶりに試用版取得しましたが、すこしデザイン変わりましたね(?)
Flowのボタンをクリックして管理画面を表示します。

作成したフローの一覧画面


これまでに作成したフローが一覧で表示されます。まだ作成たフローが無いので何も表示されていません。
一から作成ボタンをクリックします。

フロー作成画面


まずはフローが起動するトリガーを作成します。一覧からDynamics 365 – レコードが作成されたときを選択します。

組織名の選択


既に契約されているCRMの組織が一覧で表示されるので対象の組織を選択します。

エンティティ名の指定


対象のエンティティを指定します。一覧から取引先担当者を選択します。対象がいっぱいあるので探すのが大変です・・・

ワンポイント
直接入力もできるのですが、私の環境では直接入力したら実行時にエラーになりました
新しいステップの追加


新しいステップをクリックすると追加するステップの種類が表示されます。
アクションの追加をクリックします。

メールの送信を選択


Office 365 Outlook – 電子メールの送信を選択します。

Office365のサインインが実行される


Office365のサインインが実行されるのでジッと待ちます。

メールの入力画面が表示


サインインが完了するとメールの送信画面が表示されます。

宛先の入力


メールを送信したい相手のメールアドレスを入力します。

件名の入力


メールの件名を入力します。

本文の入力


メールの本文を入力します。

最後にフロー名を入力


フローを保存する前に名前を入力します。

フローの作成


フローの作成をクリックして作成したフローを登録します。
この時に記載内容にエラーがあるとエラーが発生します。

完了!


作成が完了するとこのような画面が表示されます。お疲れ様でした!!

動作確認

CRMから取引先担当者を登録します


とりあえず動きを確認するだけなので氏名だけを入力してさっさと保存します。

メールが来たーー!!


無事にメールが送信されてきました。よかったよかった。

最後に

いかがでしょうか?特にプログラムを組むこともなく簡単にフローを作成し、CRMとメールを連動させることができました。

このようにFlowでは現在80種類のアプリやサービスと簡単に接続しフローを作成することができるようになっており、これからもドンドン増える予定です(きっと増えるはず!)

次回以降FacebookやLine等のSNSと連動し、最終的にはSalesforceからデータ移行を行うフローを作成するところまで頑張って作成していきます!(という妄想)

The following two tabs change content below.
地方企業での十数年の下積みでプログラミング、ネットワーク、インフラ、サーバー、保守、運用、営業、提案等と一通りの経験を積み広くそんなに深くなくIT関連の知識と業務経験を得て、現在はDynamics CRMを主体に様々なサービスを使ってお客様を満足させるべく日々奮闘しています。 最近では玉子が先かニワトリが先かという永遠のテーマと奮闘しています。モバイルゲーム制作にもちょっとずつお触り中!

down

コメントする