知識創造研究室 by CRM(xRM)

CRMリーディングカンパニーである アーティサン株式会社 CRM事業部 の最先端 CRM ブログです。

CRM 市場と Dynamics CRM の評価(2017年版)

time 2017/01/22

昨年事業計画のためのデータ集めの際に収集したCRM市場に関するブログを記載させていただきましたが、昨年アクセスランキングがトップになったことを記念して今年も書きたいと思います。

CRM 市場と Dynamics CRM の評価(2016年版)

まず昨年ですが、トータルで見た際にSFDCが圧倒的優位と思われていた年商500億円未満の中小企業レベルでもマイクロソフトのDynamics CRM(現Dynamics 365)がトップシェアに近いという話をさせていただきましたが、1年で大きく様変わりしたようです。
下記がランキングです。(上位5社のみ)

  • 1位(12.5%):Microsoft Dynamics CRM(日本マイクロソフト)
  • 2位(9.4%):SMILEシリーズ(OSK)
  • 3位(8.3%):SAP CRM(SAPジャパン)
  • 3位(8.3%):eSales Manager(ソフトブレーン)
  • 3位(8.3%):Slaesforce Sales Cloud/Service Cloud(セールスフォース・ドットコム)
    ※ 以下には日本オラクル、弥生が続きます。

参考:2016年中堅・中小企業における「CRM」の導入社数シェアとユーザ企業の課題/ニーズ(ノークリサーチ社)

なんということでしょう!
プレーヤーが入り乱れている中でも頭一つ飛び抜けて2桁%以上のシェアを持っているのが唯一Dynamics CRMのみなのです。
Dynamics CRMが日本に来る前からずっと我が子のように育てて来た私からすると快挙のようなものです!!

イメージではセールスフォース・ドットコムが今なお優勢と言われていますが、実態を見ると確実にシェアを減らしています。
今はDynamics CRM(Dynamics 365)が1人勝ちと言える状態であることを声を大にして訴えたいと思います(#^.^#)

ちなみに、CRMシステムは市場が細分化されているということがよく言われていますが、こちらに関しても昨年は大きな変化があり、CRMサブシステム(SFAやMA、CTIシステム、アフターサービス等)は正確にはCRMではなく、あくまで基幹システムの一部でしかないという私の訴えを採用する企業やメディアが増えて来た兆しがありました。
CRMはあくまで全体最適化なので、トランザクションをメインで持つわけではなく、関係データと活動データ(非定型データ)の集合体というベースがあってこそ、その上のサブシステムが活きるのです。
従って、サブシステムから導入をしたとしても部分最適化が進むだけで全体最適化に進むことはなく、しっかりと全体最適化から取り組んで、そこで必要な指標をサブシステムに落とし込んでいくことで良質な顧客サービス向上サイクルを実現して効果を出すことが出来ます。
全体最適化が苦手とされる日本ではこの点が大きく間違っていることが多いので、CRM導入の際は十分に気を付けていただきたいと思います。

なお、これらを間違いなく実現するために考え出されたコンセプトが「パーソナライズドCRM」で、これとトップシェアを持つDynamics CRM(Dynamics 365)の全てを組み合せて発展させた製品が「EMOROCO」という製品です。(「EMOROCO」をまだご存知ない方も多いと思いますが、実は昨年ご説明差し上げた方々からかなり高い評価を頂いております♪)

アーティサンのCRMコンセプト

エモーショナルソリューション『EMOROCO』

私のほうも今までは会社の製品を売ることに腐心してきたわけですが、プラットフォーム型CRMのときと同様に私の考えるコンセプトが市場に受け入れられつつあり、メディアからも「社会のためのエバンジェリスト」になるべきだと言われましたので、今年から会社ではなく社会のための”CRMエバンジェリスト”となることにしました!

日本の企業の皆様がCRMによって個客サービスを向上させ、ブランド力を高めることによって、日本全体の国際競争力も高まると考えておりますため、私も少しでも貢献出来るように今年も尽力していきたいと考えております(*^▽^*)

SFA = CRM という大きな誤解

The following two tabs change content below.

松原 晋啓

取締役副社長 & CRM事業部長(CRMエバンジェリスト)アーティサン株式会社
アクセンチュア等でのSE、アーキテクト、コンサルタント、インフラジスティックスでのエバンジェリスト(Microsoft MVP for Dynamics CRM(現 Microsoft MVP for Business Solutions))、マイクロソフトでのソリューションスペシャリスト(Dynamics CRM製品担当)を経て、現在はDynamics CRMを専門に扱うサービスチームを率いて大小様々の企業の事業立上げを支援、その傍らでCRMエバンジェリストとしてイベントや記事寄稿を通じてマイクロソフトのテクノロジーや製品の普及に努めている。

また、プラットフォーム型CRM(xRM)の第一人者やCRMの専門家としてインタビューも受けている。
最先端のCRM情報~日本人初のMicrosoft Dynamics CRMのMVPで「プラットフォーム型CRM(xRM)」の第一人者が語る~
縦割りCRMから脱却して真のCRMへ、日本の強みを最大限に発揮できる企業が生き残る
CRM活用のモデルケースを解説。人工知能×顧客情報で企業の全体最適化を行う、真のCRMとは。
「一日の遅れは、一生の遅れ」スピード命のCRM最前線〜人工知能時代のIT世界を勝ち残るため〜
取材や講演等の依頼は下記問合せよりご連絡ください。
<アーティサン株式会社 CRM事業部>

CRM事業部へのお問い合わせ TEL 042-444-4815

メールでお問い合わせはこちら

down

コメントする