知識創造研究室 by CRM(xRM)

CRMリーディングカンパニーである アーティサン株式会社 CRM事業部 の最先端 CRM ブログです。

分かり難い操作・複雑な操作もこれで解決 – Dynamics? 365 for Operations タスクレコーダー(タスクガイド)

time 2017/06/01

みなさん、こんにちは。

今回は、Dynamics? 365 for Operationsのタスクレコーダーにフォーカスしたいと思います。
なお、文中意見に渡る部分については、本稿執筆者の私見を含むことをお断りします。

タスクレコーダーとは

Dynamics AXの技術者、有識者の方々は既にご存知だと思いますが、Dynamics AXには、自身の画面操作を記録しドキュメントに複写するタスクレコーダーという補助機能があります。マニュアル作成やユーザーサポートにおいて特に有用な機能となります。
この度、Dynamics 365 for Operationsとなり、タスクレコーダーに画面操作のドキュメント化だけでなく、操作を誘導する「タスクガイド」機能が追加されましたので早速使ってみたいと思います。

< タスクガイドのサンプル >
黒い吹き出し(操作ガイド)を「タスクガイド」機能にて付加することが可能です。

タスクレコーダーのタスクガイドを利用する

利用に際しては特に複雑な手順は無く、画面操作の記録、ガイドの実行とシンプルです。
今回は「ユーザーのログイン時の会社を設定する」タスクガイドを作成します。

画面操作の記録

画面右上より、タスクレコーダーを実行します。

画面右にタスクレコーダーのメニューが表示されます。
記録の作成を実行します。

記録の名前と説明を入力し、開始を押下します。

以降、「ユーザーのログイン時の会社を設定する」画面操作を行います。
システム管理をクリックします。

ユーザーの管理をクリックします。

一覧からユーザーを検索します。

ユーザーを選択します。

左上の編集を押下します。

会社を設定します。(DATからJPMFへ変更)

左上の保存を押下します。

右上の停止を押下します。
これで画面操作の記録が完了です。(停止の後、メインメニューに戻るを押下します。)

タスクガイドの実行

タスクガイドがどのように見えるか見てみましょう。
記録をタスクガイドとして再生を押下します。

最新から開くを押下します。

記録したガイドの名前をタスクガイド名で選択し、タスクガイドを開くを押下します。

タスクガイドの開始を押下します。

黒い吹き出しで操作を誘導するガイドが表示されます。これにより画面操作が非常に簡単なものとなります。






以上、Dynamics 365 for Operationsのタスクレコーダーの紹介となります。
尚、タスクレコーダーで記録した画面操作は、タスクガイドだけでなく、メニュー「記録の再生」より動画のように参照することも可能です。

如何でしたでしょうか。エンドユーザーの早期定着、トレーニングやデモでの活用等、見込める効果、利用シーンが大幅に広がったのではないかと思います。
是非活用してみてください。

The following two tabs change content below.

Yasuhiko Sugihara

CRM事業部 ITコンサルティング部 マネージャーアーティサン株式会社
SIer、パッケージベンダー、システム開発会社を渡り歩き、あらゆる角度からERPビジネスに携わる。 グローバルでのビジネスキャリアが長く、アジア圏、特に東南アジアに精通しておりローカライゼーションを得意としている。

down

コメントする