ニュース
プレスリリース
2021.04.27

バスロケーションシステム「バス予報」連携機能として、リアルタイムに混雑情報を公開できる「乗降客カウンター」実証実験を実施

~GTFS-RTに対応し、ワンソース・マルチユースを実現~

アーティサン株式会社(代表取締役社長:小山 才喜、本社:東京都調布市 以下、アーティサン)と株式会社中央建設コンサルタント(代表取締役社長:砂川 秀樹、本社:沖縄県浦添市 以下、中央建設コンサルタント)は、令和3年3月9日~令和3年3月19日の間、沖縄県北中城村にて、北中城村観光周遊バス実証実験「グスクめぐりん」に搭載している車載端末に「乗降客カウンター」システムを導入し、リアルタイム混雑情報を公開するバスロケーションシステム実証実験(以下、本実証実験)を実施したことをお知らせいたします。

本実証実験では、バスロケーションシステム「バス予報」と連携した「乗降客カウンター」システムを導入いたしました。その結果、各停留所の乗降客数やその属性情報(例:地域住民、学生、観光客など)、混雑情報をリアルタイムに把握できることが分かりました。

本システムでは、車載端末(スマートフォン/タブレット)で入力する乗降客情報と、GPS端末で自動取得するバスの位置や時間などの情報を同時にGTFS-RT形式で公開を行うことができます。これにより、「ワンソース・マルチユース」なオープンデータとして、バスロケーションシステム「バス予報」の利用者や管理者向けの表示に限らず、Googleマップなど多様なサービスにて遅延情報や混雑情報をリアルタイムに公開を行うことができます。

バス予報画面上での混雑情報表示
北中城村のHP上での混雑情報表示
Google乗換案内画面上での混雑情報表示

【リアルタイム混雑情報を提供したサイト】
グスクめぐりん『バス予報』サイト
https://gusukumegurin.busyohou.jp/
北中城村観光周遊バス実証実験(グスクめぐりん)
https://www.vill.kitanakagusuku.lg.jp/kakuka/kikaku/kikaku/1659.html

【システム構成】

システム構成

従来は運転手が紙で入力したデータを、後から手作業で集計していましたが、本システムにより乗降客の集計業務が効率化されます。更には、リアルタイム情報配信により状況把握の即時性を高めることが可能となります。これらのデータを活用することで、バス利用者がコロナ禍の混雑状況を未然に回避することや、自治体や事業者の方々が各種施策検討や運行管理業務に役立てることができるようになります。

【本実証実験における各社の役割】
-アーティサン:乗降客カウンター及び混雑情報を表示するシステムの開発
-中央建設コンサルタント:本実証実験の企画、運転手への操作方法説明等のサポート、アプリの精度検証

【今後の展開について】
本実証実験の案内精度やアプリの操作性等の検証を実施したうえで、令和3年度においては本格運用に向けた調整を行うことを予定しております。
アーティサンは、本実証実験の結果を踏まえて、現在開発中のAIによる人物認識技術を取り入れた「赤外線版AI乗降客カウンター」の提供を令和3年度中に予定しております。
今後も、コロナ禍の感染症予防対策、自治体や公共交通事業者の業務デジタル化と乗客の皆様の利便性の向上に、一層貢献してまいります。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
MaaS事業部 担当:松尾
Mail:Busyohousales@artisan.jp.net
TEL:042-444-4815

       
弊社100%子会社である FleQ株式会… 一覧へ戻る
   
PageTop
ページトップに戻る