ニュース
製品・サービス
2022.06.15

GTFS/GTFS-JP作成支援サービス「まかせてGTFS」をリリース

~多くの活用手段・メリットを持つGTFS-JPの全国普及を目指して~

 

令和4年6月15日、自治体・公共交通事業者のGTFS及びGTFS-JPの作成・保守をGoogleへの公開まで支援するサービス 「まかせてGTFS」のリリースを発表いたしました。

日本では、数年前より国土交通省や運輸局が主導して、標準的なバス情報フォーマット= GTFS-JPの整備を進めてきました。
しかしながら、作成のノウハウが無い/担当者が異動になり、ダイヤ改正等でGTFSの修正が必要となった時に対応出来ない といった課題を持つ自治体やバス事業者もまだまだ多いのが現状です。

そこでアーティサンは、これまでのバスロケ導入を通しての知見を活用し、導入や運用に悩みを抱える自治体・バス事業者に向けて、GTFS-JPの作成からGoogle Mapへの反映を支援するため当サービスをリリースいたしました。

「まかせてGTFS」サービス内容

「まかせてGTFS」では、GTFS及びGTFS-JPの作成と保守の両方をご支援することが可能です。
様々な事情から、自分たちでの作成またはメンテナンスの完結が難しい・・・という時に、このサービスでGoogleへの公開申請までしっかりとサポートさせていただきます。
※既にGTFS作成ツールをご利用中である場合や、他社のバスロケをご導入済の場合でも対応いたします。

GTFS/GTFS-JPの常に見直され続ける仕様に応じて、最新仕様にて作成をいたします。また、停留所や標柱のID、経路名などの必須項目以外にも、ご要望に応じて任意項目(例:のりば情報、便行先など)も含めての対応が可能です。

サービスの流れ・費用について

当サービスでは、まず作業代行のご承認をいただき、お客様から運行データを頂戴します。それ以降は当社側でGTFSデータの作成~Googleへの申請を公開されるまで行います。
費用は、都度お見積りいたします。

GTFS/GTFS-JPの導入や運用に際して、不安に思われる点がございましたら、ぜひアーティサンへお声がけください。

           
ページトップに戻る