技術情報ブログ
Dynamics 365 Sales
2021.10.25

はじめての Dynamics 365 Sales!【第1回】

こんにちは、アーティサン株式会社の戸田隆俊と申します。

今回から Dynamics 365 Sales を知らない方や導入を検討している方に向けて、簡単な使い方や各種機能をご紹介していこうと思います。

その前にまずはDynamics 365について簡単にご説明致します。

 

Dynamics 365 とは

Microsoft が提供している、CRM(顧客管理)及びERP(基幹業務)をカバーするサービスです。

ビジネス全体を運営しより優れた成果を達成出来るように、日々様々な機能が追加されています。
簡単なカスタマイズであれば、ローコード・ノーコードで可能です。
自分たちの手でカスタマイズすることで、日々進化する業務によりスピーディーに対応させることが出来ます。

 

CRM とは

CRMは「Customer Relationship Management」の略で、日本語では顧客関係管理と訳されます。
データを活用した統合ソフトウェアソリューションの一種であり、顧客への対応やビジネスの運営を改善することが出来ます。

サービス名概要
Dynamics 365 Sales 顧客との強い関係を構築し、営業をより迅速に完了することができます。取引先企業や取引先担当者を追跡し、潜在顧客から受注まで売上を伸ばし、セールス担保を作成します。また、マーケティングリストやキャンペーンを作成したり、特定の取引先企業や営業案件に関連付けられたサービス案件を追跡したりすることもできます。
Dynamics 365 Marketing 見込顧客を取引関係に変換するのに役立つマーケティング自動化アプリケーションですDynamics 365とシームレスに連携し、ビジネスインテリジェンスが組み込まれています。
Dynamics 365 Customer Service 顧客に対して可能な限り最高の顧客サービス体験を提供できるようになります。お客様満足度を向上させる様々な機能が用意されています。
Dynamics 365 Field Service 組織がオンサイトサービスを客先の拠点で提供するのに役立ちます。ワークフローの自動化、スケジューリング アルゴリズム、およびモビリティを組み合わせて、モバイル作業者が顧客と現場で問題を解決できるように設定できます。
Dynamics 365 Project Operations 営業、リソース割り当て、プロジェクト管理、および財務の各チームを単一のアプリケーションで接続することで、成約率を高め、プロジェクト配布を加速し、収益を最大化します。

その中で今回はDynamics 365についてご紹介させて頂きます。

 

Dynamics 365 Sales とは

Dynamics 365 の中でも、営業業務に特化したサービスです。

顧客のニーズをより的確に把握し、効果的なエンゲージメントで受注率を高めることが出来ます。
PC やスマートフォン、タブレットにも対応していますので、オフィスでも外出中でも利用することが出来ます。
また、AI 機能も搭載されておりますので、販売活動の自動化も可能です。

まずは無料試用版の導入(2021/9/10 時点)についてご説明いたします。

 

Dynamics 365 Sales 無料試用版の導入

Microsoft アカウントが必要となりますので、事前に準備が必要です。

マイクロソフト公式ページにアクセスします。
https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/dynamics-365-free-trial/

Dynamics 365 Sales のところから 無料で試すをクリックします。

Dynamics 365 Sales無料で試す

メールアドレスを入力して、無料試用版を開始するをクリックします。

無料試用版を開始する

サインインを求められますので、Microsoft アカウントでサインインします。

Microsoft アカウントでサインイン

以下のような画面が表示されれば完了です。
Dynamics 365 Sales の様々な機能を 30 日間試すことが出来ます。

Dynamics 365 Sales開始画面

 

無料試用版には次のような制限がありますので、ご注意下さい。

  • 試用版は 30 日間利用することができます。 その後、さらに 30 日間の延長をリクエストするか、有料ライセンスを購入するか、新しい試用版にサインアップできます。

  • アプリ上で 14 日間連続してアクティビティがない場合、試用期間は終了します。 期限切れの試用版を再び有効にすることはできません。 ただし、新しい試用版を開始することはできます。

  • アプリごとに一度に使用できるアクティブな試用版は 1 つだけです。 アプリの現在の試用期間が終了した後に、再びサインアップすることは可能です。

  • 試用版の環境はリセットできません。 ただし、試用期間の終了後に、新たに試用版を申し込むことも可能です。

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

今回は Dynamics 365 Sales についてと、無料試用版の導入についてご紹介させて頂きました。

次回からは案件対応で触れる内容を踏まえて、具体的な機能についてご紹介していこうと思います。

C#のバックエンド開発を担当:戸田隆俊

戸田隆俊

SE歴は約9年間!2021年3月にアーティサンに入社し、主にC#のバックエンド開発を担当しています。

新しいもの好きで新機能はどんどん使っていきたいタイプです。

かゆいところに手が届くような記事を作っていければと思います。

ちなみに趣味は映画鑑賞(ファンタジー系)でアマプラにドはまりしてます!

シェアする
記事カテゴリ
最新記事
Power PlatformPower Apps
2021.10.20

Power Appsアプリの多言語化への対応方針

Dynamics 365 Sales
2021.10.25

はじめての Dynamics 365 Sales!【第1回】

Power PlatformPower Apps
2021.10.06

Power Appsでデータの順位を求める方法(RANK()関数と同等機能の実装方法)

Angular
2021.09.29

AngularでGoogle Maps マーカークラスタリングライブラリの利用(1)

Power PlatformPower AutomateSharePointExcel
2021.09.22

Power AutomateでExcelをSharePointリストにインポートしたい時に考えること(第11回)

PageTop
ページトップに戻る