技術情報ブログ
Power Platform
2021.10.20

Power Appsアプリの多言語化への対応方針

こんにちは。アーティサン株式会社の小刀稱(ことね)です。

本記事では、Power Appsアプリの多言語化への対応方針について説明します。

Power Appsを複数の言語で構築したい方に向けた内容です。

 

多言語化への対応方針

それぞれの方針について、以下で説明します。

 

文章を手動で翻訳する

各言語と、それに対応する文章をマッピングしたリソースファイルを作成し、文章を翻訳する方法です。

リソースファイルと、サンプルアプリを用いて翻訳したアプリの例を以下に示します。

リソースファイル
リソースファイル
サンプルアプリ
サンプルアプリ

メリット

メリットとしては、翻訳の質が高くなることです。
皆さんも経験があると思いますが、機械翻訳により文章を翻訳した場合、少し違和感のある翻訳結果になることがあります。
手動で翻訳する場合は、各言語で自分の設定した通りの文章となるため、違和感のない翻訳が可能です。

また、無料で多言語化に対応できる点もメリットとして挙げられます。

デメリット

一方デメリットは、翻訳にかかる手間が大きい点です。
文章1つに対して、各言語に対応する翻訳結果を作成する必要があるため、言語数の増加に伴い、リソースファイルを作成する手間が大きくなります。

リソースファイル作成の手間を少しでも小さくするためには、Power Appsコンポーネントを用います。
複数のアプリで同じモジュール(例:ボタン)を用いる場合は、多言語に対応した辞書をPower Appsコンポーネントにて作成することで、再利用化が可能となります。

Power Appsコンポーネントを用いた辞書の作成方法については、以下を参照してください。
Build a multi-language app

 

文章を自動で翻訳する

機械翻訳を用いて文章を自動的に翻訳する方法です。

Power Appsでは、Microsoftが提供するMicrosoft Translatorという翻訳サービスを用いることが可能です。

本サービスは、REST APIを呼び出すことで翻訳機能を提供します。

詳細は以下を参照してください。
Microsoft Translator

Microsoft Translatorを用いることで、指定した文章を指定した言語で機械翻訳することができます。

Microsoft Translatorがサポートする言語は、以下を参照してください。
Translator language support

 

メリット

メリットとしては、翻訳を行うための手間が小さい点です。
翻訳したい箇所に、Microsoft Translatorが提供する関数を記載するだけで翻訳が可能となるため、リソースファイルを作成する必要がありません。
また、言語数が増加した場合でも、翻訳に関する手間が増えることはありません。

Microsoft Translatorを用いた翻訳方法は、以下を参照してください。
Connect to Microsoft Translator from Power Apps

デメリット

一方デメリットとしては、翻訳の質が低下することが挙げられます。
機械翻訳を用いるため、文章によっては違和感のある翻訳結果となることがあります。

さらに、Microsoft Translatorを使用するには、サブスクリプション契約が必要となりますので、ランニングコストが発生します。
(無料版もありますが、基本的には契約するプランにより翻訳ができる文字数が変動します。)

プランの詳細は以下を参照してください。
Translator の価格

 

まとめ

対応方針とメリット・デメリットを以下にまとめました。

対応方針方法メリットデメリット
手動で翻訳リソースファイル質の高い翻訳が可能
無料で対応可能
翻訳にかかる手間が大きい
手動で翻訳Power Appsコンポーネント質の高い翻訳が可能
無料で対応可能
モジュールの再利用が可能
翻訳にかかる手間が大きい
自動で翻訳Microsoft Translator翻訳にかかる手間が小さい翻訳の質が低下ランニングコストが発生

文章を手動で翻訳する場合は、無料かつ質の高い翻訳結果を用いることができます。

一方、手動でリソースファイルやPower Appsコンポーネントを作成する分、翻訳にかかる手間が大きくなります。
よって、質の高い翻訳結果を求められるアプリの場合や、ランニングコストを下げたい場合などに採用するとよいでしょう。

文章を機械翻訳する場合には、少ない手間で多言語化に対応できます。

しかし、翻訳の質が低下することや、ランニングコストが別途発生します。
よって、多数の言語に対応したアプリを、最小の手間で作成したい場合に採用すると良いでしょう。

 

本記事では、Power Appsアプリの多言語化への対応方針について説明しました。 Power Appsを複数の言語で構築する際の参考としてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Power Platform(SharePoint・Power Apps・Power Automate)に関する営業活動や設計、開発などを担当:小刀稱知哉

小刀稱知哉

大分県出身(温泉大好き♥♥)、現在は東京都在住

1990年4月9日生まれ

30才にしてメーカーの技術営業からIT業界にジョブチェンジ!!!

趣味は読書

Power Platform(SharePoint・Power Apps・Power Automate)に関する営業活動や設計、開発などを担当しております!

シェアする
記事カテゴリ
最新記事
Power Apps
2021.12.08

Power AppsアプリをPCとスマホで操作したい時の対応方針

Power Apps
2021.12.01

Dataverse for Teams・Power Apps:ドロップダウンメニューの順番を並び替えたい

Power Apps
2021.11.24

Automateのベストプラクティス・アンチパターン(1)【アクション名は変更すべき?Power】

Angular
2021.11.17

Angularでマルチテナント対応(2)

Angular
2021.11.10

Angularでマルチテナント対応(1)

人気記事ランキング
1
Power PlatformPower Apps
2020.10.02

世界に広がる「モデル駆動型アプリ」のココがスゴイ!【第1回】

2
Power PlatformPower AutomateSharePointExcel
2021.07.14

Power AutomateでExcelデータをSharePointにインポートするために考えること(第2回)

3
Power PlatformPower AutomateSharePointExcel
2021.06.23

Power AutomateでExcelデータをSharePointにインポートするために考えること(第1回)

4
Power PlatformPower AppsSharePoint
2021.07.16

Power AppsとSharePoint連携:SortByColumns関数で日本語列をソートする際の注意点

5
Power PlatformPower AutomateSharePointExcel
2021.08.11

Power AutomateでExcelデータをSharePointにインポートするために考えること(第5回)

PageTop
ページトップに戻る