技術情報ブログ
Power Platform
2021.07.23

【Power AutomateでExcelデータをSharePointにインポートするために考えること 第3回】フロー実行時のエラー内容と対処方法

【Power AutomateでExcelデータをSharePointにインポートするために考えること 第3回】フロー実行時のエラー内容と対処方法

こんにちは。アーティサン株式会社の小刀稱(ことね)です。

「Power AutomateでExcelをSharePointリストにインポートしたい時に考えること」シリーズの第3回です。

本シリーズでは、私が実際にPower Automateを用いて、「ExcelをSharePointリストにインポートする」フローを作成していきます。

また、作成の際に学んだ点や躓いた点を中心に紹介いたします。

Power Automateでどんな事ができるのか知りたい、実際の作成方法を知りたい、という方に向けた記事です。
前回はPower Automateにて静的なExcelデータをSharePointリストにインポートするフローを作成しましたが、 実行するとエラーが起きてしまいました。

第2回目の内容はこちらを参照ください。

Power AutomateでExcelデータをSharePointにインポートするために考えること(第2回)

今回はエラーの内容とその対処方法についてお伝えしていきたいと思います。

 

エラー内容の確認

まずは発生したエラーについて再度確認します。

発生したエラーの詳細

 

内容を確認すると、SharePointリストExcelデータのdate列の形式が異なるため発生しているようです。

※SharePointリストは日付形式、Excelデータは数値(正確には文字列)となっている。

 

これは「表内に存在する行を一覧表示」アクションを用いて日付形式を取得すると、既定ではシリアル値となってしまうことが原因です。

データ形式がシリアル値になっている

 

対処

対処法としては、「表内に存在する行を一覧表示」アクション下部の「詳細オプションを表示する」をクリックし、DateTime形式ISO 8601に変更するだけです。

 「表内に存在する行を一覧表示」アクション下部の「詳細オプションを表示する」をクリック

 DateTime形式をISO 8601に変更

この詳細オプションを見落とし、「設定箇所が見つからない」とご相談を受けることがよくあります。

↑意外な落とし穴ですね!皆さんもご注意を。

フローでのDateTime形式の指定

 

この設定により、日付形式(ISO 8601形式)で値を取得することができました。

ISO 8601形式で取得出来ている

 

フローの実行

それでは修正したフローを再度実行しましょう。

保存したExcelファイルの横にある三点リーダーから 自動化作成したフロー名 をクリックすることで実行できます。

フローの実行ステップ

無事データをインポートすることができました!

 

フローの実行ステップ

でもよく見ると、datetime列の値が少しおかしいような・・・

 

datetime列の時刻をExcelとSharePointで比較

どうやらSharePointリストのdatetime列が9時間先行しているみたいです。

徐々に完成に近づいていますが、今回はここまで!

次回は発生した現象の原因とその対処方法についてお伝えしていきたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

【このシリーズの過去回一覧】

 

Power Platform(SharePoint・Power Apps・Power Automate)に関する営業活動や設計、開発などを担当:小刀稱知哉

小刀稱知哉

大分県出身(温泉大好き♥♥)、現在は東京都在住

1990年4月9日生まれ

30才にしてメーカーの技術営業からIT業界にジョブチェンジ!!!

趣味は読書

Power Platform(SharePoint・Power Apps・Power Automate)に関する営業活動や設計、開発などを担当しております!

シェアする
記事カテゴリ
最新記事
2024.02.28

【2024年2月更新】Power Apps の実践的なノウハウ まとめ

2024.02.21

【2024年2月更新】Power Automate 初心者 ~ 中級者 向けロードマップ

2024.02.14

【小ネタ】Power Automate×SharePoint:3つ以上の項目でソートするビューを作成する方法

2024.02.07

【小ネタ】Power Automate×SharePoint:ドキュメントライブラリ上のファイルをフィルターする方法

2024.01.24

Power Apps・Power Automate:開発と本番環境を用いたアプリ構築手法(3) Power Platform パイプラインでCI/CD環境を構築

モデル駆動型アプリPower AppsPower PlatformSharePointExcelPower AutomateC#attributevalidationローコードAngularAccessInfoPathMatTableAngular Materialデータ構造SortByColumns関数TypeScriptHTMLEF CoreマイグレーションFramework CoreAttribute directivesO/Rマッパーazure sql databaseCase式HTTP RequestCSSxUnit.Net Core 3.1VSCode.Net Core Test ExplorerDataverse for Teamsitem関数Google MapsMarker ClustererRANK()関数Dynamics 365 SalesMicrosoft TranslatorマーカークラスタリングライブラリtailwindcssマルチテナントドロップダウンメニューBreakpointObserverメディアクエリスマホPCレスポンシブ入門初心者中級者キャンバスアプリDatePickerDropdownviewビューアクセス制限承認リマインドSetForAllUpdateContextロードマップ技術It情報技術メッセージIDメールfirst()関数nest入れ子動的リストcollectionコレクション複数の添付ファイル承認フローformエクスポートインポートカスタマイズcomponentダイアログコンポーネントdialogTips新機能変数検索Microsoft 365グループセキュリティグループ送信元メールの送信差出人インスタントクラウドフロー自動化したクラウドフロー委任VBAエラーエクセルerror復元restorePower BI個人列ユーザー列SharePoint Onlineリスト非表示アプリ[市民開発者構築自動化したクラウド フローフローの種類インスタント クラウド フロースケジュール済みクラウド フローレスポンシブ レイアウトresponsive layoutデータ行の制限引き継ぎ退職所有者を変更異動LoopMicrosoftdesignJSONデザインtemplateテンプレート運用選択肢列参照列ChatGPTOpenAIオープンAIチャットGPTgalleryギャラリースクロールコンテナショートカットキーshortcut keyconcat関数文字制限フロー実行開発環境環境本番環境ライセンス環境構築手順pipelineCI/CDパイプラインDevOpsMicrosoft 365簡易在庫管理時間外通知ファイルフィルター クエリドキュメント ライブラリfilter querysortソートmultiple item複数項目
PageTop
ページトップに戻る