第二回EDIX関西 日本マイクロソフトのブースで
「NoverTi」を展示
~学校教職員の勤務時間を可視化する働き方改革クラウドサービス~

アーティサン株式会社(本社:東京都調布市、代表取締役:小山才喜、以下、アーティサン)は、来る2018年11月7日(水)~11月9日(金)の3日間、インテックス大阪にて開催される『第2回 関西 教育ITソリューションEXPO』(以下、関西EDIX)の、日本マイクロソフト株式会社のブースにて、働き方改革クラウドサービス「NoverTi」の展示を行います。※

日本マイクロソフト株式会社は2018年5月に開催された「第9回 教育ITソリューションEXPO」に出展し「子どもたちの学び方改革」と「教職員の働き方改革」という2つのテーマで「Surface」を始めとするWindows デバイスと「Microsoft 365 Education」の展示やステージデモを実施。その際、「NoverTi」は「教職員の勤務時間管理ソリューション」として展示されました。

【前回の開催内容】
[【EDIX2018】日本マイクロソフトが取り組む子どもの学び方&働き方改革]
https://resemom.jp/article/2018/06/06/44942.html

「NoverTi」は、Office 365とMicrosoft Azureを用いて、教職員の勤務時間を自動分析・可視化することで「働き方を見える化」し、問題解決を支援するクラウドサービスです。日本の教職員のみなさまの働く環境の改善をお手伝いしたいと考えています。

[日本マイクロソフト 教育分野における方針と新施策を発表]
https://news.microsoft.com/ja-jp/2018/06/20/blog_education/

※展示予定内容はプレスリリース時点の情報ですので、変更される場合があります。

■サービス紹介URL:https://noverti.com

【NoverTiについて】
Microsoft Azureで提供する、教職員の勤務時間を可視化し、働き方改革を支援するためのクラウドサービスです。
教職員の方に必要な操作は、日頃使い慣れたMicrosoft Excelに勤務時間を入力するだけなので、そのためのトレーニングや特別なアプリをインストールする必要がありません。しかも、ExcelはWindows PCだけでなく、iOSやAndroidのスマートフォンやタブレットでも動作するので、デバイスを選ばず入力ができ、BYODの流れにも対応できます。
勤務時間データは、クラウドストレージのSharePoint OnlineとOneDrive for Businessに自動的に保存するので、情報漏えいや他者の勤務実績表の改ざんなどを防ぐ信頼性の高い運用ができます。最終的にはPower BIによって可視化され、本来複雑な集計・分析必要なレポートを、画面をクリックするだけで簡単に行えます。

【アーティサン株式会社について】
2014年7月に設立。東京都調布市の本社を始め渋谷・大阪・広島・沖縄の各地に拠点を構え、自社製品の提供やMicrosoftソリューションを活用したシステムの提案支援、要件定義支援、設計、構築、運用・保守、開発支援コンサルティングおよびクラウドサービス等を提供しています。

【サービスおよびご購入に関するお問い合わせ先】
会社名:シネックスインフォテック株式会社
担当: プロダクトマネジメント1部
E-mail:SIT_MS_Mail@synnexinfotec.co.jp

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
会社名:アーティサン株式会社
担当:佐々木
E-mail:NoverTi_Support@artisan.jp.net
Tel : 042-444-4815