技術情報ブログ
Loop
2023.05.17

Microsoft Loop を使ってみよう

Microsoft Loop を使ってみよう
みやみや

こんにちは、みやみやです。

Microsoft Teams で使っていた Wiki が 2023 年 6 月に廃止になることもあり、現在パブリック プレビュー中ですが、Microsoft Loop を使ってみようと思いたちました

 

Microsoft Loop とは

Microsoft Loop は、Microsoft から発表された新しいコラボレーションツールとなるようですが、単純にこのツールだけでコミュニケーションをとるのではなく、TeamsOutlookWordなどでもコミュニケーションが取れるようです

何言っているのか判らないので、さっさと試してみようと思います!

 

試すためには…

2023 年 4 月 26 日現在、Microsoft Loop を利用するためには、365 管理者が利用を許可する必要があるようです

ちなみに、許可されていないときに利用を試みると、下記メッセージが表示されます

MicrosoftLoopアプリが組織で有効になっていません
Loopアプリが組織で有効になっていません

弊社では、代表がサクッと許可していたので、スムーズに使えていますが、「面倒だなぁ…」と思って止まっている方もいるのでは?と思い、簡単に手順をまとめてみました

 

利用許可までの流れ

少し手間が発生しますが、2023 年 4 月 26 日現在の手順を記載していますので、めげずに設定しましょう

手順は次の通り

  • Azure AD にセキュリティグループを作成し、Micorosft Loop にアクセスを許可するユーザーを追加します

  • Microsoft 365 Apps admin center にサインインし、作成したセキュリティグループを対象とするクラウドポリシーを作成します

  • コーヒーでも飲んで待ちます

 

セキュリティグループの作成とユーザーの追加

まずは、セキュリティグループを作成します ※ここでは静的セキュリティグループで設定しています

Microsoft 365 管理センターのアクティブなチームとグループを開きます

グループの追加をクリックします

アクティブなチームとグループ
アクティブなチームとグループ

セキュリティを選択して、次へをクリックします

グループの種類と選択
グループの種類と選択

名前と説明を適宜入力して、次へをクリックします

基本設定
基本設定

次へをクリックします

基本設定
基本設定

確認画面が表示されますので、グループを作成をクリックしてグループを作成します

Loop利用可能グループが作成されました
Loop利用可能グループが作成されました

閉じるをクリックすることで、アクティブなチームとグループに戻ります

続きまして、先程作成したグループに対して、Microsoft Loop の利用を許可するユーザーを追加していきましょう!

先程作成したグループをセキュリティタブの中から探し出してクリック、メンバー全てのメンバーの表示と管理をクリックします
※私の環境は検証で使うグループが多いため、先ほど作成したグループを検索で探しました

Loop利用可能
Loop利用可能

+ メンバーの追加をクリックし、メンバーを追加していってください

Loop利用可能メンバーの追加
Loop利用可能メンバーの追加

これで半分の作業は終わりました!

みやみや

これで半分の作業は終わりました!

作成したセキュリティグループに Microsoft Loop が利用できるようにポリシーを構成します

Microsoft 365 Apps admin centerにサインインします

メニューから、カスタマイズポリシー管理作成 をクリックします

ポリシーの作成
ポリシーの作成

※私の環境は、初めてのポリシー作成なので上図になります

名前を適宜入力して、次へをクリックします

基本情報の入力
基本情報の入力

このポリシー構成は、指定されたグループのユーザーに適用されますを選択し、グループの追加をクリックして、先程作成したセキュリティグループを追加、次へをクリックします

スコープを決める
スコープを決める

Loop で検索して、Microsoft Loop 利用のポリシーを構成していきます
まず、ポリシー名をクリックします

ポリシーを構成
スポリシーを構成

構成設定で 有効にするにして、適用をクリックします

設定の構成を有効にする
設定の構成を有効にする

他の 2 つのポリシーも有効にして、次へをクリックします

他の 2 つのポリシーも有効
他の 2 つのポリシーも有効

確認画面が表示されますので、作成をクリックします
これでスムーズにいけば、作業は完了です

反映まで 1 時間ほどかかるとのことなので、コーヒーでも飲んで気持ちを落ち着けます
※私の環境では 5 分程で反映されました…

 

動作確認

https://loop.microsoft.com/にアクセスして確認してみましょう

Microsoft Loop
Microsoft Loop

👋Welcome

 

考察

このように、利用ユーザーを限定して公開するのも簡単ですので、ぜひ早めに使ってみて、利用シーンの検討や社内のセキュリティポリシーなどへの反映を行っていただけたらと思います

 

参考

miyamiya

みやみや

ビジュアル系プログラマー、ビジュアル系 PM を自称して 20 年近くが経ちました

弊社 MaaS 製品全般で、開発・運用側のマネジメントをしながら、時々開発もしています

シェアする
記事カテゴリ
最新記事
2024.05.15

非エンジニア【(元)自治体職員】がローコード開発をして気が付いたこと コーディング規約とPower Platformプレミアムサンプルアプリ集

2024.05.01

Power Apps・Power Automateの勉強方法(2)

2024.04.17

Power Apps・Power Automateの勉強方法(1)

2024.04.03

非エンジニア【(元)自治体職員】が半年間ローコード開発をしてみたら

2024.03.27

Power Automateのベストプラクティス・アンチパターン(5)【Apply to each×コンカレンシー×変数の設定はNG】

モデル駆動型アプリPower AppsPower PlatformSharePointExcelPower AutomateC#attributevalidationローコードAngularAccessInfoPathMatTableAngular Materialデータ構造SortByColumns関数TypeScriptHTMLEF CoreマイグレーションFramework CoreAttribute directivesO/Rマッパーazure sql databaseCase式HTTP RequestCSSxUnit.Net Core 3.1VSCode.Net Core Test ExplorerDataverse for Teamsitem関数Google MapsMarker ClustererRANK()関数Dynamics 365 SalesMicrosoft TranslatorマーカークラスタリングライブラリtailwindcssマルチテナントドロップダウンメニューBreakpointObserverメディアクエリスマホPCレスポンシブ入門初心者中級者キャンバスアプリDatePickerDropdownviewビューアクセス制限承認リマインドSetForAllUpdateContextロードマップ技術It情報技術メッセージIDメールfirst()関数nest入れ子動的リストcollectionコレクション複数の添付ファイル承認フローformエクスポートインポートカスタマイズcomponentダイアログコンポーネントdialogTips新機能変数検索Microsoft 365グループセキュリティグループ送信元メールの送信差出人インスタントクラウドフロー自動化したクラウドフロー委任VBAエラーエクセルerror復元restorePower BI個人列ユーザー列SharePoint Onlineリスト非表示アプリ[市民開発者構築自動化したクラウド フローフローの種類インスタント クラウド フロースケジュール済みクラウド フローレスポンシブ レイアウトresponsive layoutデータ行の制限引き継ぎ退職所有者を変更異動LoopMicrosoftdesignJSONデザインtemplateテンプレート運用選択肢列参照列ChatGPTOpenAIオープンAIチャットGPTgalleryギャラリースクロールコンテナショートカットキーshortcut keyconcat関数文字制限フロー実行開発環境環境本番環境ライセンス環境構築手順pipelineCI/CDパイプラインDevOpsMicrosoft 365簡易在庫管理時間外通知ファイルフィルター クエリドキュメント ライブラリfilter querysortソートmultiple item複数項目シェアポイント便利機能カレンダーCalendarTeamsローコード開発非エンジニア体験談勉強内製化
PageTop
ページトップに戻る