アーティサンはお客様と一緒にITを創造するコミュニケーション・クリエイティブカンパニーです。

MENU

路線バスを取り巻く現状と課題

  • HOME »
  • 路線バスを取り巻く現状と課題

バス運行における 現状と課題

バス運行会社の現状

バス運行会社を取り巻く現状は、高齢化社会、インバウンド対応、鉄道の廃止などに伴い、バス利用の需要は高くなっています。しかし、バス運行会社の多くは以下のような課題を抱えています。

  • 少子高齢化社会の到来、新たな地下鉄の開通、規制緩和による民間事業者の参入
  • 自家用車、地下鉄の開通、民間事業者の参入による利用者の減少
  • コミュニティバスによる在来線バスの運賃格差(コミュニティバスは度外視した100円・200円等乗車料金が格安)
  • デマンドタクシーの普及
  • 交通渋滞が慢性化し路線バスの定時性の喪失

乗合バス利用者の推移

国土交通省の調査によると、乗合バス利用者は減少傾向にあります。 ピーク時である昭和42年の100億人から減少傾向であり、ここ数年は41億人台で推移しています。考えられる理由としては、人口減少に加えて自家用車の普及率、特に軽自動車増加による影響が強いと思われます。

yusouryou

バス利用者の状況

統計から地方高齢者の乗合バスのニーズが高いことが分かっています。理由としては、高齢者の運転免許保持者の推移から65歳から大幅に減少するため、高齢者の交通手段として、また、鉄道網が発達していない地方にとって、乗合バスのニーズは高まっていくことが予想されます。

menkyosuii

 

バスロケーションシステムに関するニーズ

バス運行会社を取りまく現状から、現在、各地でバスロケーションシステムの導入に関するニーズが高まっています。以下はバスロケーションシステム導入における投資対効果の例です。

ロケーションシステムによる利便性強化

渋滞などの道路事情により、バスが時刻通りに来ないことが頻繁であるため、バス利用者に現在地情報を伝え、利用者の利便性を図り利用者離れを防ぎたい

顧客サービスとしての付加価値化

路線バスを含め、ドライビングスクールや専門学校、幼稚園、病院、老人ホームなど、独自のバスを運行する企業の顧客向けサービスとして、バスロケーションシステムを提供し競合他社よりも付加価値を提供したい

情報提供機能による付加価値化

バスロケーションシステム利用時に、最寄りのバス停の各所情報やお店の情報・広告を提供し、お出かけの機会を増加させ、バス利用者の増加や広告収入を期待したい

バス運行情報に求められる機能

分かりやすさ

  • 現存するバス運行情報が分かりづらいものが多いので分かりやすくする必要がある
  • スマホの画面から現在のバス停留所に到着するバスの情報にすぐにたどり着けること
  • 操作性も待ち時間の表現も分かりやすいこと

待ち時間表示

停留所や路線からの現在の停留所における待ち時間の表示

目的地までの所要時間機能

目的地のバス停までの現在いるバス停留所から目的地のバス停留所までの距離や時間を知りたい場合にあると便利

お気に入りの停留所の登録

よく使うバス停や路線、行先をお気に入りとして登録しすぐに待ち時間を表示できること

お知らせ機能

バス路線の頻繁な経路変更や停留所廃止、時刻変更へのお知らせ

一般的な路線バスの課題

busyohou_donyu

お気軽にお問い合わせください TEL 042-444-4815

PAGETOP
Copyright © 2014 Artisan Inc.